「ネット副業まとめ」の記事一覧

ネットビジネスのサラリーマンの副業で利益を上げる方法

誰でも手をつけることができるビジネスの一つとして個人輸入販売というものがあります。このビジネスの面白いところは、業界関係者やネットビジネスを主として活動している専門家だけでなくて、一般的な人たちも一緒にビジネスに参戦することができるスペースが提供されているところです。

商品を入荷してビジネスショップや商品販売サイトでの資格といったものは必要なく、誰でもやろうという意気込みさえあるならば登録することで誰でも販売することができます。つまりどういうことかというと、主婦や本業で働いている人でも副業の一つとして個人輸入販売ビジネスで大儲けするチャンスが眠っているということです。こういった輸入販売に手をつけることは、サラリーマンの副業としての大チャンスであるに違いありません。

まず個人輸入販売ビジネスのメリット面から注目していきましょう。基本的に海外からの輸入販売のポイントは、日本で手に入りそうにない商品を求める人に対して販売することで利益を上げていくことです。問題はその商品をどうやって手に入れるかということで、一番簡単に手に入れやすい方法は海外から仕入れた品物を販売している日本のショップ経由で手に入れてしまうことです。この商品の仕入れ方の問題点は、実際に輸入しているお店の利益分が上乗せされているので利益率が思うように見込めないことです。薄利多売になってしまっては、実際にサラリーマンの副業として稼いでいくには本末転倒になってしまいます。そこで大事なポイントとなってくるのが個人輸入をしてしまうことです。

間に入る個人経営のお店や企業の介入をなるべく避けることで、利益率を大幅にあげていくことができます。これはネットビジネスに参戦してサラリーマンの副業を展開しようとする人にとって必須のテクニックとなっています。仕入れ値や経費をどれだけ安く済ませることができるかというのは、ネットビジネスで利益を上げていくためにはかならず必要なってくるものです。

会社にばれない・ばれても大丈夫なサラリーマンの副業3つ

毎月の小遣いが足りない。もっと趣味にお金をかけたい。そもそも生活費が足りない。

そんな場合は、自分で事業をしていたら事業拡大のためにいろいろなことができますが、サラリーマンの副業には基本的にそうは道はありません。せいぜい、頑張って残業、休日出勤をして、残業代や休日手当を稼ぐくらいです。

しかし、それも言ってみれば健康と引き換えのお金ということなので、決してよい収入の殖やし方とは言えません。

ではどうすればよいかというと、一番良いのは、サラリーマンの副業をすることですが、基本的にどの会社も就業規則で「副業は禁止」と規定されているので、ヘタなことをすると、懲戒が待っています。

ですので、そうならないように、うまくサラリーマンの副業ができるような仕事をここでは3つ紹介します。

1つは不動産投資です。これには元手が必要ですが、ワンルームのマンションなどを購入し、その家賃で副収入を得ていく副業です。一般的にはマンション購入の投資に対して10%程度の利率があると言われています。これの一番良いことろは、会社に「副業をしている」と届けられる点です。就業規則の副業禁止の項目は「会社の許可なくしてはならない」という場合が多いので、親戚から相続したマンションを人に貸している、という名目で会社に届ければ、不動産投資の副業は大手を振ってできます。

2つめは、金融投資です。いわゆる株の投資やFXなどです。これもリスクはありますが、きちんと勉強して無理なことをしなければ、1日に数十分の時間をそれに使うだけで、ある程度の運用益を得ることができます。これは一般的な慣例で会社に届けなくていい副業ですので、これも大手を振ってやることができます。

3つめは、インターネットを使った副業です。たとえば、せどり、というものがあります。100円均一の古本屋などに行って、Amazonのマーケットプレイスでいくらで売れているかを1冊1冊をチェックし、古本屋よりも高く売れているものがあれば、それを買って帰り、マーケットプレイスに出品する、という稼ぎ方です。ほかにも、アフィリエイト、ドロップシッピングなどネットを使った副業はたくさんあります。

副業にどれくらいの時間や労力をかけるかが鍵

サラリーマンの副業というと、簡単に早く稼げるのはアルバイトでしょう。仕事が終わってからや休みの日に、どこかでアルバイトするのです。会社によってはアルバイトを禁止しているところもありますのでこっそりしなくてはいけませんが、間違いなく稼ごうと思ったらこの方法が一番です。

ただし、アルバイトに熱中しすぎて休みがなくなると寝不足になったり、疲れをため込んで体を壊してしまうリスクもあります。若いから、体力はあるからと無理をしていると、どこかで必ずしっぺ返しを受けることになりますので注意が必要です。
となると、サラリーマンの副業としては家でできる仕事、それも自由のきく仕事がいいのではないでしょうか。ネットを使った仕事です。隙間時間を利用するならポイントサイトやアンケートサイトはどうでしょうか。技術を持った人ならweb制作やデザインなどの仕事ができます。特別な技術がなくてもライティングでお小遣い稼ぎすることはできます。

趣味の広い人なら、いろんなブログを作って広告収入を得るという方法もありますね。

本業のサラリーマンの経験を生かして、メルマガを配信することもできます。名前が売れれば講演会や出版などの仕事もできるかもしれません。

サラリーマンの副業は、当然のことながら本業はしっかりしながら副業も、という欲張りな働き方です。まずはどのくらい稼ぐのか、どのくらいの時間や労力をかけることができるか、かけるつもりか、ということをはっきりさせておいた方がいいかもしれません。空いた時間にちょこちょこ作業して月1万が希望という人と、いずれは会社を辞めて独立しようと考えている人とでは差が大きいですから。

ただ、独立して食べていこうと考えている人も、少し立ち止まって考える必要があります。会社が嫌で辞めたいとき、独立してフリーな立場で生きていくのはとても魅力的に見えるからです。魅力的ですが苦労も多い道です。ただ会社勤めが嫌なだけではないかどうか、冷静に見極める必要があります。”

ネットがあれば家で仕事ができる

家でできる仕事をしたいと考える人は多いと思います。育児中のお母さん、介護する人がいて外に出られない人、病気があって勤められない人などは、フルタイムは無理でも家で数時間なら仕事ができるのにと考えているのではないでしょうか。

英語のような特別な技術を持っている人は、スカイプなどを使用して人に教えることができますので、家でできる仕事としてはいいのではないでしょうか。これなら自宅を英語教室として使うことは無理な場合でも、パソコンさえあれば生徒を持つことはできますし、生徒や自分が引っ越しすることになってもやめてしまう必要はありません。しかし、これは言い換えると教える側も教えられる側も、辞めたくても辞められない状況に陥る可能性も秘めています。しかし、関係がうまくいっているときにはとてもいい方法だと思います。

家でできる仕事というと、すぐに思い浮かぶのはネットを使った仕事です。クラウドソーシングを利用した在宅ワークや、ポイントサイト、アンケートサイトといったお小遣い稼ぎのできる方法があります。月にどのくらい稼ぎたいのか、仕事につかえる時間がどのくらいあるのかによって、仕事を選ぶことができます。本格的な収入を得たいと考えるのであれば、それなりの勉強や努力が必要になるでしょう。そこまで求めないのなら、すぐにでも収入を得ることはできます。

お小遣い稼ぎでは物足らないと感じるなら、何らかの技術が必要かもしれません。なんでも機械がやってくれる時代が来ると言われて久しいですが、機械に取られてしまわないよう、こちらも自衛する必要があるということでしょう。しかし、こうしたことは学校では教えてくれません。学校の先生というのは、ある意味とてもアナログな存在ですので、現実社会がどうなっているのかいまいちピンと来ていないのかもしれません。社会に出て、「ああ学校時代にこうした技術を身に着けておけば役に立ったのに」と思うことがあっても、そのときはもう時間的な余裕はなくなっているのです。

常にスマホで副業をしてしまう私の生活

スマホで副業ができるようになってからというもの、私の生活は常に副業に追われるものとなりました。なにしろ一日中肌身離さず持ち歩くスマホですから、それで副業ができるとあっては、暇さえあれば副業をせずにはいられないのです。朝起きたらまずやることはスマホでメールをチェックしたあとに軽い副業ですし、通勤の電車の中ではスマホに齧りついて副業に勤しみます。就業中も人目を盗んではスマホで副業しますし、ランチタイムとなれば稼ぎどきであって、大いに励みます。帰りの電車でももちろんスマホで副業しますし、帰宅したあとはテレビを見ながら、やはりスマホで副業しています。そして就寝して、次の日の朝からまた同じような一日を始めるのです。

このように、スマホで副業ができるようになってからというもの、副業が偏在するような生活を送る羽目になってしまったのです。寝ても覚めても副業…。たまにはちょっと休まなければと思うのですがう、休んだ分でいくら稼げるかと考えると気が気でいられなくなり、やはりスマホをいじって副業に勤しんでしまいます。今や私が副業をしていないのは寝ているときだけかもしれません。ちょっと疲れも溜まってきたので、健康を崩すことのないよう、そろそろ思い切って副業絶ちをしたほうがよいのかもしれません。

そんなふうに思って旅行に出かけたのがつい先日のことでした。たまには副業のことは忘れて、のんびり旅を満喫しようと思ったのでした。しかし、スマホさえあればできるのが現代の副業というものです。私は旅先でもやはり副業をしてしまいます。新幹線の中で副業をし、旅先のタクシーの中で副業をし、お寺の境内で副業をし、旅館に帰っても副業です。旅先でリフレッシュだなんてとんでもない。なんだかいつも以上に副業に励んでしまったような気さえします。どうやら私は副業をせずにはいられない性分のようです。

こうして常に副業をしている私ですが、その甲斐あって、副業の月収はサラリーマンとしての月収を軽く上回るようになりました。努力が報酬として報われているのは私にとって唯一の救いです。仕方ないので、これからも稼ぎまくりたいと思います。

ネット市場を使ってお金を増やす方法を試すこと

やれば高確率で実を結ぶお金を増やす方法として上げられるのは、転売やせどりといったお小遣い稼ぎだと言われています。それはどうしてかというと、どんな商品であってもかならず欲しい人がいて、現在そういった商品の取引ができるインターネットのサイトが増えてきているからです。それも業者向けではなく、一般向けのサイトなので誰でも参加できるお手軽さが受けているのがポイントです。そういった取引サイトを覗いていると、毎日とてもつもない件数の取引が行われていることに気づくはずです。

彼らこそ私たちと同じお金を増やす方法を常に追い求めている一般人です。決して全てが業者の人ではなく、本名を使って個人間で取引している人ばかりなので、やり取りするのも形式ばったお堅いものばかりではなく、少々フランクなやり取りを通して取引することもあります。では早速取引をしてみるとして、お金を増やす方法を意識すると、どういった場所で売るものはいったいどこから仕入れてくればいいのでしょうか。初めて参加する場合は、自宅にあるいらないものを売ってみることをおすすめします。どんなに使えないような古いものでも、意外にも欲しがる人がいたりします。

中には他の人の似顔絵を書くことで生計を建てようと頑張っている人までいました。そういった無から有を産み出す趣味の領域のものを商売に変えていく人もいるのが、こういった一般人も参加できる商売取引サイトの良いところです。ちなみに売る時には、買ってくれる側のお客様のユーザーのことを意識していくことが大切です。具体的には、なるべく偽りのない詳細な説明書きと、商品の写真を掲載することです。写真はちゃんと写っていて、全体像が分かるもので良いので、専門のカメラを使う必要はなくスマートフォンなどで撮影したもので大丈夫です。簡単に言えば買ってくれるユーザーの人が、「安心」できるような商品を出品すれば良いのです。それは相手側の立場になって出品ページを見てみれば、何となくどうすれば良いのか理解できてくるはずです。

ギャンブル性を兼ねたネット収入とは?

ネット収入と聞くとアフィリエイトでの収入やブログでの収入と言った事を思い浮かべるかと思いますが、実際、ネット収入とは、それだけではありません。誰でも簡単にネットを使用する事ができるようになった今では、ネットを利用して収入方法は数多くあります。その中のひとつにオンラインカジノと言うものがあります。オンラインカジノとは、言わばネット上でカジノを楽しむ事ができるシステムになっており、それを利用し一攫千金も夢ではない、そんな存在になっています。

オンラインカジノの場合、カジノの運営が求められている国でのサイトを利用し行う事ができるようになっています。中には、違法なサイトもあり注意が必要ですが、大手と呼ばれているオンラインカジノのサイトの場合は、ライセンスを取得し、運営を行っている為、基本的には、安心して利用する事が可能です。また、日本語での対応が可能になっている運営サイトを選ぶ事で、何かあった時にサポート面においても安心して利用する事が可能です。

主なやり方としては、オンラインカジノの運営サイトを決めた後、そのサイトに登録します。その後、入金の手続きを完了させる事ができれば、ゲームを始める事が可能です。ブラックジャックやルーレットなどと言った有名なものから、オリジナリティあふれるゲームまであり、自分にあったゲームで楽しむ事ができるようになっています。

ここで注意が必要なのが、他のネット収入とは違い、投資が必要になってくると言う点です。また、ギャンブルと言う事で損をしてしまう可能性もあると言う事を忘れてはいけません。そのようなリスクを知ったうえで行う事が重要なポイントになっているのです。ネット収入と聞くと、あまり大きな額を稼ぐことができないと言ったイメージが強くなっていますが、オンラインカジノの場合は、そんなイメージを覆し、大儲けをする事も可能になっていると言う事が言え、一攫千金を狙う人には、おすすめの方法になっています。

ネットを使えば特別な技術がなくてもお金が稼げる

ネットというのはある部分の人にとっては救世主とも呼べる存在かも知れません。家に居ながら、パソコンひとつでお金を稼ぐことができるなんて、誰が想像したでしょうか。ネット収入と聞いて、具体的にどんなものを想像するでしょう。アフィリエイトやブログでの収入、パソコンを使っての在宅ワーク、おこずかいサイトなどでしょうか。投資もネット収入と呼べるかもしれません。投資をしている人をTVで見たことがありますが、それこそパソコン一つで取引していました。FXなどというものも入るかもしれません。

しかし、私自身がネット収入を得るのは構いませんが、自分の子どもがする仕事がそれだけに偏るようだと心配になります。ネット上であっても人とかかわる以上は、実生活で得た知識やマナーが物を言いますし、そうしたことはやはり人と面と向かって一緒に仕事しないと身につかないのではないかと思うからです。実際に会社に勤めながら、またはそういったことを一通り覚えてからならネットでの稼ぎに集中してもいいと思います。

実際の会社勤めで得るものは大きいと思います。嫌な人も、厳しい人も、変わった人も世の中にはごまんといます。そうした人々とうまく(うまくなくても)付き合うことは仕事をする上で否応なく付いてきます。嫌なことから逃げてばかりだと何もできません。最初からネットの世界に浸ってしまうと、なかなか出て行けなくなるのではないかと思います。

ネットの功罪はさまざまあるでしょう。今やなかった時代には戻れません。ネットでの通販が伸びすぎて、大きな店が軒並み倒産したなんていうアメリカでの話を新聞で読んだことがあります。大きな会社でさえそんなことになるのですから、その影響力は大きすぎるとも言えます。日本でも、人手不足だからと言ってネットでの仕事を辞めて外で働けを政府に言われたら反発する人が大勢出るのでしょう。まさか、そんなことをいうとは思いませんが、介護の負担を負わすために三世代同居などという案を出しているのを見ると、暗澹たる気持ちになります。

ネット収入で稼げる在宅ワークについて

新しいタイプの副業として、ここ数年の間で在宅ワークが注目されています。今回は自宅に居るだけでネット収入が得られる在宅ワークについてご紹介します。ネット収入自体はオークションや株などで得る事は可能ですが、インターネットを通じて、学生、主婦、社会人とどのような層でも、何時でも空いた時間に出来るのが在宅ワークの強みといえます。

在宅ワークでネット収入を得るというシステムが出始めたのは数年前と非常に歴史は浅いものの、特別な専門知識も無く、インターネット環境があるだけで、自宅から収益を得られるという点が大変評価され、今やこれを副業とする人々が増え続けており、在宅ワークサービスを提供するサービス会社の数も急増しています。基本的なシステムは、クライアントが課題をサービス会社を通じてインターネット上に公開し、その公開された課題の作業を終える事で、見返りにユーザーが報酬を得るという簡単なものです。

この時点で、敷居が低く感じられ、多くの人が参加している理由ですが、課題の内容自体も数多くの種類に分かれているため、スキルがある人の場合はホームページの作成や、エクセルを利用したデータ作成、ワードでの編集、スキルが無くても商品レビューの書き込みや調べもの等、簡単な作業を選ぶ事によりネット収入を得られます。課題自体も各地から絶え間なく出され続けているため、在宅ワークサービス会社が運用を停止しない限り、供給され続ける事になります。選択できる課題も膨大な量になるため、選び好みが出来る点も魅力の一つといえますし、空いた時間にいつでも作業は開始できるので、一日中パソコンと向き合う必要もありません。

ただし、利用する際はユーザーとクライアントの間の信頼関係が重要であり、打ち合わせ不足やクライアントの提示した条件に沿わない内容を提出してしまったり、あるいはユーザーが課題を提出してもクライアント側が報酬を出さない等のトラブルは避けなければなりません。あくまで簡単な作業とは言っても仕事という事には変わりはないため、最低限のモラルと注意力を持ってサービスを利用する事が重要です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ