副業にどれくらいの時間や労力をかけるかが鍵

サラリーマンの副業というと、簡単に早く稼げるのはアルバイトでしょう。仕事が終わってからや休みの日に、どこかでアルバイトするのです。会社によってはアルバイトを禁止しているところもありますのでこっそりしなくてはいけませんが、間違いなく稼ごうと思ったらこの方法が一番です。

ただし、アルバイトに熱中しすぎて休みがなくなると寝不足になったり、疲れをため込んで体を壊してしまうリスクもあります。若いから、体力はあるからと無理をしていると、どこかで必ずしっぺ返しを受けることになりますので注意が必要です。
となると、サラリーマンの副業としては家でできる仕事、それも自由のきく仕事がいいのではないでしょうか。ネットを使った仕事です。隙間時間を利用するならポイントサイトやアンケートサイトはどうでしょうか。技術を持った人ならweb制作やデザインなどの仕事ができます。特別な技術がなくてもライティングでお小遣い稼ぎすることはできます。

趣味の広い人なら、いろんなブログを作って広告収入を得るという方法もありますね。

本業のサラリーマンの経験を生かして、メルマガを配信することもできます。名前が売れれば講演会や出版などの仕事もできるかもしれません。

サラリーマンの副業は、当然のことながら本業はしっかりしながら副業も、という欲張りな働き方です。まずはどのくらい稼ぐのか、どのくらいの時間や労力をかけることができるか、かけるつもりか、ということをはっきりさせておいた方がいいかもしれません。空いた時間にちょこちょこ作業して月1万が希望という人と、いずれは会社を辞めて独立しようと考えている人とでは差が大きいですから。

ただ、独立して食べていこうと考えている人も、少し立ち止まって考える必要があります。会社が嫌で辞めたいとき、独立してフリーな立場で生きていくのはとても魅力的に見えるからです。魅力的ですが苦労も多い道です。ただ会社勤めが嫌なだけではないかどうか、冷静に見極める必要があります。”

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ